その発想はなかった!新しい育毛剤
その発想はなかった!新しい育毛剤
ホーム > 現金化 > リスクなどを考慮したうえで行うクレジットカード換金について

リスクなどを考慮したうえで行うクレジットカード換金について

ショッピング枠を現金にするクレジットカード換金は、現金化業者を利用せずに自分で行うこともできます。
ショッピング枠で商品を購入して自分で買取ショップなどに持ち込んで現金を得るという方法です。
ただし、換金率が50%を下回ることも少なくありません。
つまり、受け取った金額に対して2倍以上の代金を後でカード会社に支払わなければいけないので、借金が膨れ上がるということになります。
一方で、商品券や電車の回数券の中には換金率が高いものが存在します。
ただし、そのような商品についてカード会社も把握しているので、クレジットカードでそれらをまとめ買いすると転売を疑われてカード利用停止になるというリスクがあります。
カード会社に商品を支払うまでは商品の所有権がカード会社にあるため、支払いが終わるまでは転売が認められていません。
また、ネットショップでクレジット決済を行ってキャッシュバックを受ける方法もありますが、商品を購入したのに商品を渡した事実がないと法律違反になるリスクがあります。
したがって、少しでもクレジットカード換金のリスクを減らすためには、現金化業者に依頼した方が安全です。
ただし、稀に悪徳業者も存在するので、業者を利用する場合には業者の情報収集が大切になります。
優良な業者に依頼すると、即日対応が可能で換金率が80%程度になることが一般的です。
換金率が95%以上など高い数字を公言している業者の場合、その通りの還元率を得るためには色々な条件があることも多いので注意が必要です。

ショッピング枠現金化はこちらを参考に:ネオギフトの評判はこちら